2011年01月24日

自己分析【性格篇】(1)主人公 さだまさしの『本』のパロディ

寂しがり屋で 強がりで
地味で 古風で 暗くて明るく
心配性で 小心者

甘ったれで 人見知りで
真面目で 間抜けで
世話焼きで 頑固で 馬鹿で
努力家で 道化者


悲しがり屋で 目立ちたがりで
おっちょこちょいで
凝り性で 変わり者

涙脆くて 不器用で
ものをなくすのが上手で
生きるのが下手で
自信家で 人気者


照れ屋で 恥ずかしがりで
お人好しで 初心(ウブ)で
オク手で 口下手で
助平で 我が侭で

騒がしくて 面白くて
せっかちで
声が大きくて 夢も大きくて
情熱家で 呑気者


情に脆く 流されて

直情径行 軽挙妄動 紆余曲折
竜頭蛇尾 神出鬼没 大胆不敵
優柔不断 五里霧中

言語道断 支離滅裂 真実一路
自業自得 心機一転 温故知新
以心伝心 無我夢中

切磋琢磨 自己啓発
一所懸命 一生懸命

み − ん な “僕” で す 。




滋賀BLOG  滋賀の情報交差点
  伝えてよし 知ってよし 結んでよし

      


  


上記の自己紹介文は、随分昔に買った、


 さだまさし の 『本』というタイトルの本

   ※ソロデビューの頃に書かれたものだった
    ように記憶していますが、不確かです。

   ※残念ながら、廃盤になっているため
    入手困難と想われます。

に、さだまさし自身の紹介として
書かれていたものを自分自身に置き換えて、
作成したものです。

形式を真似ました。
恐らく、共通するものも幾つか混ざっていると想われます。

掲載に当たって、見直したのですが、
どれも当てはまってしまいます。。。
『あの頃』と性格が変わっていないのか、
進歩がないのか、、、



-------------------------------

主人公

 (歌・作詩・作曲:さだまさし)

時には思い出ゆきの    旅行案内書にまかせ
「あの頃」という名の駅で下りて
「昔通り」を歩く
      :
      :
    あなたは    教えてくれた
    小さな物語でも
自分の人生の中では
    誰もがみな主人公
    時折り思い出の中で
    あなたは    支えてください
    私の人生の中では
    私が主人公だと




『さだまさし ライブベスト』/CD

さだまさし

さだまさしの数あるライヴ音源より厳選した4枚組べスト・アルバム。
10周年コンサート“書簡集”から2005年の3333回公演までを対象に、
ヒット曲とライヴで人気の楽曲が網羅されている。

1.Overture〜交響曲
2.まんまる
3.敗戦投手
4.恋愛症候群-その発病及び傾向と対策に関する一考察-
5.黄昏迄
6.転宅
7.道化師のソネット
8.絵はがき坂
9.つゆのあとさき
10.胡桃の日
11.空蝉
12.前夜(桃花鳥)
13.晩鐘

1.春雷
2.長崎小夜曲
3.奇跡〜大きな愛のように〜
4.飛梅
5.掌
6.異邦人
7.関白宣言
8.あなたを愛したいくつかの理由
9.デイジー
10.Bye Bye Guitar(ドゥカティにボルサリーノ)
11.邪馬臺
12.まほばら

1.主人公
2.指定券
3.夢
4.春告鳥
5.無縁坂
6.桃源郷
7.舞姫
8.秋桜
9.虹〜ヒーロー〜
10.天然色の化石
11.フレディもしくは三教街-ロシア租界にて-
12.防人の詩
13.風に立つライオン

1.北の国から〜遥かなる大地より〜
2.桜散る
3.案山子
4.本当は泣きたいのに
5.極光
6.精霊流し
7.セロ弾きのゴーシュ
8.雨やどり
9.October〜リリー・カサブランカ〜
10.ソフィアの鐘
11.療養所
12.修二会
13.小さな手




『主人公〜さだまさしクラシックス』/CD

花井悠希/林そよか/森末夢美 ほか

オリジナルの世界観を熟知した上で、叙情性とポップ性を
ともに活かした渡辺俊幸の編曲は称賛されるべき仕上がり。
思いの込め方が上手い花井悠希のヴァイオリンもたおやかに美しい。
有名曲「雨やどり」「防人の詩」の変貌ぶりや、
「フレディもしくは三教街〜ロシア租界にて」でのハーモニーの
活きかたから、クラシック世界とさだまさしの相性を改めて実感させられた。


1.北の国から -遙かなる大地より-/(花井悠希)
2.秋桜/(花井悠希)
3.道化師のソネット/(花井悠希)
4.雨やどり/(花井悠希)
5.防人の詩/(花井悠希)
6.精霊流し/(花井悠希)
7.フレディもしくは三教街 -ロシア租界にて-/(花井悠希)
8.案山子/(花井悠希)
9.無縁坂/(花井悠希)
10.奇跡 〜大きな愛のように〜/(花井悠希)
11.まほろば/(花井悠希)
12.主人公/(花井悠希)
posted by Seesaa Sou-kei toshi at 05:15| 滋賀 ☁| Comment(0) | ●自己理解● | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自己分析【性格篇】(1)主人公 さだまさしの『本』のパロディ

寂しがり屋で 強がりで
地味で 古風で 暗くて明るく
心配性で 小心者

甘ったれで 人見知りで
真面目で 間抜けで
世話焼きで 頑固で 馬鹿で
努力家で 道化者


悲しがり屋で 目立ちたがりで
おっちょこちょいで
凝り性で 変わり者

涙脆くて 不器用で
ものをなくすのが上手で
生きるのが下手で
自信家で 人気者


照れ屋で 恥ずかしがりで
お人好しで 初心(ウブ)で
オク手で 口下手で
助平で 我が侭で

騒がしくて 面白くて
せっかちで
声が大きくて 夢も大きくて
情熱家で 呑気者


情に脆く 流されて

直情径行 軽挙妄動 紆余曲折
竜頭蛇尾 神出鬼没 大胆不敵
優柔不断 五里霧中

言語道断 支離滅裂 真実一路
自業自得 心機一転 温故知新
以心伝心 無我夢中

切磋琢磨 自己啓発
一所懸命 一生懸命

み − ん な “僕” で す 。




滋賀BLOG  滋賀の情報交差点
  伝えてよし 知ってよし 結んでよし

      


  


上記の自己紹介文は、随分昔に買った、


 さだまさし の 『本』というタイトルの本

   ※ソロデビューの頃に書かれたものだった
    ように記憶していますが、不確かです。

   ※残念ながら、廃盤になっているため
    入手困難と想われます。

に、さだまさし自身の紹介として
書かれていたものを自分自身に置き換えて、
作成したものです。

形式を真似ました。
恐らく、共通するものも幾つか混ざっていると想われます。

掲載に当たって、見直したのですが、
どれも当てはまってしまいます。。。
『あの頃』と性格が変わっていないのか、
進歩がないのか、、、



-------------------------------

主人公

 (歌・作詩・作曲:さだまさし)

時には思い出ゆきの    旅行案内書にまかせ
「あの頃」という名の駅で下りて
「昔通り」を歩く
      :
      :
    あなたは    教えてくれた
    小さな物語でも
自分の人生の中では
    誰もがみな主人公
    時折り思い出の中で
    あなたは    支えてください
    私の人生の中では
    私が主人公だと




『さだまさし ライブベスト』/CD

さだまさし

さだまさしの数あるライヴ音源より厳選した4枚組べスト・アルバム。
10周年コンサート“書簡集”から2005年の3333回公演までを対象に、
ヒット曲とライヴで人気の楽曲が網羅されている。

1.Overture〜交響曲
2.まんまる
3.敗戦投手
4.恋愛症候群-その発病及び傾向と対策に関する一考察-
5.黄昏迄
6.転宅
7.道化師のソネット
8.絵はがき坂
9.つゆのあとさき
10.胡桃の日
11.空蝉
12.前夜(桃花鳥)
13.晩鐘

1.春雷
2.長崎小夜曲
3.奇跡〜大きな愛のように〜
4.飛梅
5.掌
6.異邦人
7.関白宣言
8.あなたを愛したいくつかの理由
9.デイジー
10.Bye Bye Guitar(ドゥカティにボルサリーノ)
11.邪馬臺
12.まほばら

1.主人公
2.指定券
3.夢
4.春告鳥
5.無縁坂
6.桃源郷
7.舞姫
8.秋桜
9.虹〜ヒーロー〜
10.天然色の化石
11.フレディもしくは三教街-ロシア租界にて-
12.防人の詩
13.風に立つライオン

1.北の国から〜遥かなる大地より〜
2.桜散る
3.案山子
4.本当は泣きたいのに
5.極光
6.精霊流し
7.セロ弾きのゴーシュ
8.雨やどり
9.October〜リリー・カサブランカ〜
10.ソフィアの鐘
11.療養所
12.修二会
13.小さな手




『主人公〜さだまさしクラシックス』/CD

花井悠希/林そよか/森末夢美 ほか

オリジナルの世界観を熟知した上で、叙情性とポップ性を
ともに活かした渡辺俊幸の編曲は称賛されるべき仕上がり。
思いの込め方が上手い花井悠希のヴァイオリンもたおやかに美しい。
有名曲「雨やどり」「防人の詩」の変貌ぶりや、
「フレディもしくは三教街〜ロシア租界にて」でのハーモニーの
活きかたから、クラシック世界とさだまさしの相性を改めて実感させられた。


1.北の国から -遙かなる大地より-/(花井悠希)
2.秋桜/(花井悠希)
3.道化師のソネット/(花井悠希)
4.雨やどり/(花井悠希)
5.防人の詩/(花井悠希)
6.精霊流し/(花井悠希)
7.フレディもしくは三教街 -ロシア租界にて-/(花井悠希)
8.案山子/(花井悠希)
9.無縁坂/(花井悠希)
10.奇跡 〜大きな愛のように〜/(花井悠希)
11.まほろば/(花井悠希)
12.主人公/(花井悠希)
posted by Seesaa Sou-kei toshi at 05:15| 滋賀 ☁| Comment(0) | ●自己理解● | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自己分析【性格篇】(1)主人公 さだまさしの『本』のパロディ

寂しがり屋で 強がりで
地味で 古風で 暗くて明るく
心配性で 小心者

甘ったれで 人見知りで
真面目で 間抜けで
世話焼きで 頑固で 馬鹿で
努力家で 道化者


悲しがり屋で 目立ちたがりで
おっちょこちょいで
凝り性で 変わり者

涙脆くて 不器用で
ものをなくすのが上手で
生きるのが下手で
自信家で 人気者


照れ屋で 恥ずかしがりで
お人好しで 初心(ウブ)で
オク手で 口下手で
助平で 我が侭で

騒がしくて 面白くて
せっかちで
声が大きくて 夢も大きくて
情熱家で 呑気者


情に脆く 流されて

直情径行 軽挙妄動 紆余曲折
竜頭蛇尾 神出鬼没 大胆不敵
優柔不断 五里霧中

言語道断 支離滅裂 真実一路
自業自得 心機一転 温故知新
以心伝心 無我夢中

切磋琢磨 自己啓発
一所懸命 一生懸命

み − ん な “僕” で す 。




滋賀BLOG  滋賀の情報交差点
  伝えてよし 知ってよし 結んでよし

      


  


上記の自己紹介文は、随分昔に買った、


 さだまさし の 『本』というタイトルの本

   ※ソロデビューの頃に書かれたものだった
    ように記憶していますが、不確かです。

   ※残念ながら、廃盤になっているため
    入手困難と想われます。

に、さだまさし自身の紹介として
書かれていたものを自分自身に置き換えて、
作成したものです。

形式を真似ました。
恐らく、共通するものも幾つか混ざっていると想われます。

掲載に当たって、見直したのですが、
どれも当てはまってしまいます。。。
『あの頃』と性格が変わっていないのか、
進歩がないのか、、、



-------------------------------

主人公

 (歌・作詩・作曲:さだまさし)

時には思い出ゆきの    旅行案内書にまかせ
「あの頃」という名の駅で下りて
「昔通り」を歩く
      :
      :
    あなたは    教えてくれた
    小さな物語でも
自分の人生の中では
    誰もがみな主人公
    時折り思い出の中で
    あなたは    支えてください
    私の人生の中では
    私が主人公だと




『さだまさし ライブベスト』/CD

さだまさし

さだまさしの数あるライヴ音源より厳選した4枚組べスト・アルバム。
10周年コンサート“書簡集”から2005年の3333回公演までを対象に、
ヒット曲とライヴで人気の楽曲が網羅されている。

1.Overture〜交響曲
2.まんまる
3.敗戦投手
4.恋愛症候群-その発病及び傾向と対策に関する一考察-
5.黄昏迄
6.転宅
7.道化師のソネット
8.絵はがき坂
9.つゆのあとさき
10.胡桃の日
11.空蝉
12.前夜(桃花鳥)
13.晩鐘

1.春雷
2.長崎小夜曲
3.奇跡〜大きな愛のように〜
4.飛梅
5.掌
6.異邦人
7.関白宣言
8.あなたを愛したいくつかの理由
9.デイジー
10.Bye Bye Guitar(ドゥカティにボルサリーノ)
11.邪馬臺
12.まほばら

1.主人公
2.指定券
3.夢
4.春告鳥
5.無縁坂
6.桃源郷
7.舞姫
8.秋桜
9.虹〜ヒーロー〜
10.天然色の化石
11.フレディもしくは三教街-ロシア租界にて-
12.防人の詩
13.風に立つライオン

1.北の国から〜遥かなる大地より〜
2.桜散る
3.案山子
4.本当は泣きたいのに
5.極光
6.精霊流し
7.セロ弾きのゴーシュ
8.雨やどり
9.October〜リリー・カサブランカ〜
10.ソフィアの鐘
11.療養所
12.修二会
13.小さな手




『主人公〜さだまさしクラシックス』/CD

花井悠希/林そよか/森末夢美 ほか

オリジナルの世界観を熟知した上で、叙情性とポップ性を
ともに活かした渡辺俊幸の編曲は称賛されるべき仕上がり。
思いの込め方が上手い花井悠希のヴァイオリンもたおやかに美しい。
有名曲「雨やどり」「防人の詩」の変貌ぶりや、
「フレディもしくは三教街〜ロシア租界にて」でのハーモニーの
活きかたから、クラシック世界とさだまさしの相性を改めて実感させられた。


1.北の国から -遙かなる大地より-/(花井悠希)
2.秋桜/(花井悠希)
3.道化師のソネット/(花井悠希)
4.雨やどり/(花井悠希)
5.防人の詩/(花井悠希)
6.精霊流し/(花井悠希)
7.フレディもしくは三教街 -ロシア租界にて-/(花井悠希)
8.案山子/(花井悠希)
9.無縁坂/(花井悠希)
10.奇跡 〜大きな愛のように〜/(花井悠希)
11.まほろば/(花井悠希)
12.主人公/(花井悠希)
posted by Seesaa Sou-kei toshi at 05:15| Comment(0) | ●自己理解● | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。